「チョークアート」って、な~に?

「チョークアート」と聞いて 皆さんはどのようなものを思い浮かべるでしょうか?

学校で使うチョークで描くのかしら?
チョークで描くからすぐ消えてしまうのではないかしら?

など一般的な白墨 学校の黒板用チョークが思い浮かぶ方が多いのではないでしょうか?

実は ここで言う「チョーク」とは オイルパステルというものです。もしかしたら一度は目にしたことがあったり、使ったことがあるかもしれません。
当校ではチョークアートの創始者 モニークキャノン氏セレクトのオリジナルチョーク(パステル)を使用しています。

モニーク,セレクト チョーク,オイルパステル チョーク

このパステルを使ってチョークアート用の特殊な黒ペイントを塗装したボードに鮮やかなグラデーションを指で作りながら モチーフデザインをカラフルに、立体的に仕上げていきます。この過程がチョークアートを描くときの醍醐味!できあがっていく様子がとても楽しいアートです。描くのに使うものと言えばこのオイルパステルと黒ボード、あとはご自分の指なんです!チョークアートの面白さがここにあります。ぜひ味わってみて下さいね。

paprika21 - コピー

また、黒板用のチョークのように消えてしまうことはなく最終過程で消えないようにちゃんと加工もしますので触っても消えません。paprika18 - コピーpaprika8 - コピー

ただし、鋭利なもので引っかいたり、こすったりすると傷つきますので注意が必要です!

モニークキャノン氏により、オーストラリアで生まれたこのチョークアートは 本来 カフェやレストランの看板、メニューボードを描く新しい技法として使われてきましたが、ここ最近では ショップ店内のインテリアや お友達、ご家族へのプレンゼトに制作されたり、お教室やサロンの看板、メニューボードに制作したりと幅広い場面で使われるようになりの活用の幅が広がってきている今、注目のアートです。

他とはちょっと違ったものを採用したい、いつもと違うものを取り入れてみたいとお考えのあなた、目立つこと間違いなしのカラフルな「チョークアート」をまわりよりも一足先に取り入れてみては?チョークアートの特徴的なインパクトのある絵で多くの方の目を惹いてみませんか?

イタリアンレストラン フレンチレストラン 居酒屋さん ケーキ屋さん etc.  アイデア次第でどんな風にもアレンジできるのもチョークアートの楽しいところです。和・洋・中 その他いろいろなオリジナルバージョンをどんどん生み出す可能性を多く持ったアートで世界で一つだけのオリジナルアートを作り出せます。

ワインビール ケーキ&スライス Burger,menu chi-chan

 

ご自分でチョークアートを描いてみたいという方に 体験レッスンも行っています。チョークアートの技術を1からしっかり学びたい、楽しく趣味で描いてみたいなどいろいろなニーズに対応した各種コースをご用意しております。受講生募集中です。まずは体験レッスンにお越しください。お待ちしております。

チョークアート教室  コース案内

MCA協会について

MCAロゴマーク  MCA協会について

Facebook



Instagram

Instagram

Gallery

Gallery

アートボードについて

アートボード説明へ
ページ上部へ戻る